티스토리 뷰

帰化

帰化は一人でできる。

韓国・日本証明書翻訳専門特定行政書士 2019.01.04 17:39


帰化は、人生の転換点になる重要な選択です。


今回の記事では、


1人でする帰化許可申請について


お話しさせていただきます。





■ 帰化は、一人でできる?



はい。そうです。!


帰化は、一人でできます。


日本の行政庁の窓口は、


原則的に本人申請を前提にしています。


しかし、


仕事で忙しい場合は、


どうしても、役所にいけないですね。


そのような方のために


存在するのが行政書士です。


また、役所に提出する書類は、


書き方が難しい場合もあるため、


行政書士が代わりに作成すると、


申請手続きが楽になるでしょう。


つまり、帰化申請は、一人でできますが、

(未成年者は法定代理人が必要です。)


手続きを楽にするために利用するのが、


行政書士なんです。


つまり、時間の余裕があって、


申請書類の書き方さえわかれば


1人で十分帰化許可申請できます。


(難しい案件の場合、

専門家のアドバイスをもとに準備した方が安心です。)








■ 帰化許可申請は、本人窓口行かなければなりません。



永住申請など、入国管理局の管轄申請の場合、


入国管理局取次行政書士が


本人の代わりに、申請できます。


しかし、帰化許可申請は、


地方法務局の管轄であり、


取次行政書士が本人の代わりに申請する権利がありません。


そのため、


行政書士は、本人と一緒に同行し申請をするか、


あるいは、本人が一人で窓口で申請しなければなりません。








 本人が準備しなければならない書類は膨大です。



帰化許可申請の難しい点は、


準備しなければならない書類の膨大さにあります。


本人は、


次の書類を用意しなければなりません。


 帰化許可申請書


◆ 親族の概要


◆ 帰化の動機書


◆ 履歴書


◆ 運転免許証


◆ 技能資格を証明する書面


◆ 卒業証明書


◆ 成績証明書


◆ 在学証明書


◆ 宣誓書


◆ 生計の概要


◆ 預貯金通帳の写し


◆ 登記事項証明書


◆ 事業の概要


◆ 在勤及び給与証明書


◆ 自宅付近の略図


◆ 勤務先付近の略図


◆ 事業所付近の略図


◆ 除籍謄本


◆ 戸籍謄本


◆ 家族関係に関する証明書


◆ 住民票


◆ 源泉徴収票


◆ 納税証明書


◆ 課税証明書


◆ 源泉徴収簿


◆ 所得税納税証明書


◆ 営業許可書


◆ 決算書


◆ 。。。。。。。。。



筆者は、取次行政書士として、


現場で永住申請、帰化申請をやってみた経験がありますが、


帰化許可申請は、


永住申請の2倍以上の作業量でした。


当然、申請書類を書く作業は、


時間がかかる大作業であることは間違いないことです。


また、書類の取り寄せは、


行政書士が委任を受けて代わりにするより、


本人が役所の窓口で申請した方が


手続きが早いです。


時間の余裕がある方であれば、


本人が申請書類を集めて申請書を書くのもいい方法です。






 申請書の提出に注意が必要な理由



永住申請は、基本インタビューがありません。


すべて書類のみで審査されますが、


帰化は、インタビューがあります。


このインタビューは、1回で終わらないです。


申請人が帰化許可申請書に記入した内容について、


後日のインタビューで細かく聞かれます。


自分が知らない事実は、


帰化許可申請書に記入してはいけません。


嘘はだめです。


事実に反する内容を記入した場合、


再申請も難しくなりますので、


注意が必要です。




■ 帰化許可申請一人でできますが。。。。



帰化許可申請は、一人でできますが、


帰化するために、必要な条件は、


国籍法のみではありません。


「素行要件」が審査されますが、


この「素行要件」には、


国籍法以外の他の法律の要件も審査されます。


行政書士は、


事前にこのような要件をチェックをし、


準備方法を提案できる専門家です。


また、


帰化許可申請時には、


外国語の証明書を日本語に翻訳しなければなりません。


帰化申請時に必要な翻訳作業は、膨大な作業です。


特に韓国国籍の方の帰化申請時に必要な翻訳は、


除籍謄本など難しい内容があるため、


韓国語・日本語両方できる行政書士を利用した方が


賢明な申請準備だと言えます。




 まとめ




 帰化許可申請は本人申請のみ可能です。


◆ 帰化許可申請は、一人でできます。


◆ 帰化許可申請書類の準備は膨大なので、専門家に任せれば、手続きが楽になります。


◆ 翻訳が必ず必要ですので、韓国語・日本語ができる行政書士がいいかもしれません。




■ お問い合わせ



▼ 韓慶九行政書士事務所 


代表特定行政書士 韓慶九(ハン)


▼ 電話番号: 080-2335-1890


▼ E-Mail: yumenokakehashi999@gmail.com


<*電話に出られない場合があります。

電話に出られない場合、メールで、お名前、ご連絡先をお知らせください。確認後折り返しご連絡いたします。>


▼ 営業時間:10:00~23:00(年中無休)







帰化 Related Articles

MORE
TAG
,
-->