티스토리 뷰



■ 基本証明書とは



2008年1月1日から、韓国では、戸籍謄本制度が廃止されました。


2008年1月1日以前は、


日本と同じ戸籍謄本制度がありましたが、


2008年1月1日からは、韓国の戸籍謄本を発給することができなくなりました。


以前の戸籍謄本の代わりに、


身分関係を証明する証明書として、


新しく創設されたのが、家族関係登録証明制度です。


以前は、戸籍謄本1通で、


全部証明できた事項が、


2008年1月1日からは、各目的ごとに、


発給しなければいけないことになりました。


基本証明書は、その名とおり、


韓国の基本身分事項を証明する証明書です。


<基本証明書の訳文の見本>


基本証明書の翻訳は、1通1,000円!(税込み)!!


帰化・相続の全証明書の翻訳をご依頼いただいた場合の特別料金1通600円(税込み)!






■ 基本証明書で証明できること



▼ 出生日

▼ 出生地

▼ 改名

▼ 帰化

▼ 後見

▼ 死亡

▼ 親権

▼ 登録基準地

▼ 地名変更事項


基本証明書は、未成年者の親権を立証するために有効に使える証明書です。


法定代理人の有無、後見人の有無など、全部、基本証明書に記載されています。


そのため、帰化申請時には、


本国での、成年としての行為能力の立証書類として、


必ず求められます。


日本人が韓国国籍を取得した場合や、


韓国人が日本国籍を取得した場合も、


基本証明書に帰化した旨が記載されます。


日本人が、韓国人と思っている人の中でも、


中国国籍から、韓国国籍を取得して、日本国籍を取得するケースもあります。


日本人としては、理解しがたいことですが、


第2次世界大戦のことで、中国に移住された朝鮮族や日本人がいることも事実です。


韓国人の帰化業務をやっている行政書士であれば、


分かると思いますが、


この基本証明書の記載事項は、変わる場合があります。










■ 基本証明書の内容が変わる場合。


韓国でも、日本と同じく、行政区画変更や、


道路名住所法律などによって、


住所名が変わる場合があります。


この場合、職権で、基本証明書の内容が変更されます。


在日韓国人の情報は、


韓国家族関係登録管が把握することが難しいことがあるため、


在日韓国人の死亡事項や、婚姻事項などが新しく


把握できた場合、追加事項として、記載される場合もあります。


他の証明書には、変更事項が記載されないですが、


基本証明書には、変更事項が、全部記載されます。


そのため、役所に提出する韓国の証明書を提出する場合は、


基本証明書を一緒に提出するのをおすすめします。






■ 基本証明書は、いつ必要なのか



▼ 帰化許可申請


▼ 国際結婚


▼ 国際離婚


▼ 認知


▼ 養子縁組


▼ 韓国国籍喪失・取得・変更

 

▼ ビザ申請(永住権・配偶者ビザ等)







■ 在日韓国人の翻訳には、注意が必要


言葉は、時代によって変わるものです。


当行政書士は、帰化、ビザ、相続の実務の中で


韓国語が分からない在日の方々とお会いできる時があります。


他人が、翻訳した訳文を見る機会がありましたが、


訳文に「フリガナ」を省略する場合が多かったです。


しかも、「フリガナ」の読み方が、現代の韓国語と違ったり、


きちんと翻訳されていないことがありました。


帰化を担当する地方法務局からは、別に問題視されていないようですが、


万が一、韓国での相続や何か問題があった場合、


本人確認が難しくなり、大変なことになるかもしれません。


その時こそ、韓国の証明書の翻訳は、


ネイティブ韓国人が一度、チェックした方が良いと思います。


韓国語が読める方で、今まで韓国のお名前を使用してきた方であれば


問題ないと思いますが、


韓国語が、分からない方であれば


現代の韓国語をそのまま理解し


翻訳できる人に翻訳を任せた方がいいと自信をもって言えます





■ 韓国の証明書の翻訳ならお任せください。



筆者は、日本の法律制度を理解している日本特定行政書士です。


韓国で生まれ、韓国で小、中、高、大学校を卒業したネイティブ韓国人日本特定行政書士です。


韓国の制度をネイティブ韓国人として、理解しており、


直接翻訳させていただいております。


翻訳業務を他人に一切外注しません。


他人に翻訳を外注しないからこそ、精度の高い早い翻訳ができます。


韓国語の翻訳でお困りの方は、


これを機会に特定行政書士韓(ハン)に翻訳を依頼してはいかがでしょうか?





詳しい流れは「翻訳の依頼方法」をご参照ください。





■ お問い合わせ



▼ 韓慶九行政書士事務所 


代表特定行政書士 韓慶九(ハン)


▼ 電話番号: 080-2335-1890


▼ E-Mail: yumenokakehashi999@gmail.com


<*電話に出られない場合があります。

電話に出られない場合、メールで、お名前、ご連絡先をお知らせください。確認後折り返しご連絡いたします。>


▼ 営業時間:10:00~23:00(年中無休)



韓国・日本証明書 Related Articles

MORE
TAG
,
-->