티스토리 뷰

 

 

■ 

親養子

入養関係証明書とは


 

親養子入養関係証明書という言葉自体が、

 

日本人の常識では、何を意味するのか、分からないと思います。

 

日本の養子縁組は、特別養子縁組と普通養子縁組がありますね。

 

1.特別養子縁組⇒実親との関係が消滅する。

 

2.普通養子縁組⇒実親との関係が消滅しない。

 

韓国も、同じです。

 

韓国では、普通養子縁組のことを入養といい、

 

特別養子縁組のことを親養子入養といいます。

 

つまり、

 

親養子入養関係証明書は、

 

特別養子縁組の事実を証明する公的証明書だと言えます。

 

<親養子入養関係証明書の訳文の見本>

 

親養子入養関係証明書

の翻訳は、1通1,000円!(税込み)!!

 

 

■ 

親養子

入養関係証明書には、何が記載されているのか


 

 

親養子入養関係証明書には、

 

特別養子縁組をした親の人的事項が記載されます。

 

2008年以前の韓国では、実親との関係を消滅させる制度がありませんでした。

 

2008年から、親養子入養制度(特別養子縁組)で

 

実親との関係を消滅させることができるようになりました。

 

韓国では、特別養子縁組は、

 

未成年者にとって敏感な問題です。

 

そのため、

 

その発行が制限的に行われています。

 

申請人本人が、未成年者である限り、その発行ができないです。

 

そのため、未成年者が親養子入養関係証明書を発行してもらうためには、

 

親権者が申請するか、親権者の委任がなければなりません。

 

 

 

 

 

 

 

■ 親養子入養関係証明書は、いつ必要なのか?


 

 帰化許可申請

 

 

● 相続

 

● 養子縁組

 

● ビザ申請(定住、永住、家族滞在)

 

 

親養子入養関係証明書は、敏感な内容を含めているため、

 

韓国では、あまり使用されていませんが、

 

帰化許可申請時には、必ず求められますので、

 

詳細証明書を発行してもらいましょう。

 

 

 

■ 韓国の証明書の翻訳ならお任せください。


 

筆者は、日本の法律制度を理解している日本特定行政書士です。

 

韓国で生まれ、韓国で小、中、高、大学校を卒業したネイティブ韓国人日本特定行政書士です。

 

韓国の制度をネイティブ韓国人として、理解しており、

 

直接翻訳させていただいております。

 

翻訳業務を他人に一切外注しません。

 

他人に翻訳を外注しないからこそ、精度の高い早い翻訳ができます。

 

韓国語の翻訳でお困りの方は、

 

これを機会に特定行政書士韓(ハン)に翻訳を依頼してはいかがでしょうか?

 

 

 

 

 

詳しい流れは「翻訳の依頼方法」をご参照ください。

 



   

 

■ お問い合わせ


 

▼ 韓慶九行政書士事務所 

 

代表特定行政書士 韓慶九(ハン)

 

▼ 電話番号: 080-2335-1890

 

▼ E-Mail: yumenokakehashi999@gmail.com

 

<*電話に出られない場合があります。

電話に出られない場合、メールで、お名前、ご連絡先をお知らせください。確認後折り返しご連絡いたします。>

 

▼ 営業時間:10:00~23:00(年中無休)

 

 

韓国・日本証明書 Related Articles

MORE
TAG
, ,
-->