티스토리 뷰



日本で暮らしている外国人には、戸籍謄本はありませんが、


住民票はあります。


外国人の住民票は、日本人の記載内容より


少し複雑かもしれません。


この記事では、住民票についてお話しさせていただきます。



■ 住民票とは



住民票は、住所、同居等を公的に証明する証明書です。


マイナンバーがあるものとないものがあり、


外国人の場合、在留期限や在留資格が記載されていない


住民票を発行してもらうことができます。




■ 外国人の住民票は、何が記載されているのか



外国人の住民票には、


日本人と同じく、氏名、生年月日、性別、住所等の基本情報が


記載されています。


また、外国人である特殊性から、


次の事項が記載されます。



 中長期在留外国人


 ▼  在留期限


 ▼ 在留資格


 ▼ 在留カード番号


 ▼ 在留期限満了日


 ▼ 通称名


 ▼ 中長期在留外国人である旨




特別永住者


 ▼ 特別永住者 証明書番号


 ▼ 特別永住者である旨


 ▼ 通称名




■ 外国人の住民票は、2012年7月9日からの記録のみ発行できます。



2012年、在留カード制度が導入される前には、


外国人は、住民票を発行してもらうことができませんでした。


そのため、


外国人に関する2012年7月9日までの記録は、


住民票に記載されません。


以前は、市区町村が外国人の管理をしていました。


2012年、在留カード制度が導入後は、


市区町村が以前管理してきた外国人に関する情報を


記録した外国人登録原票は、


法務省が保管することになりました


そのため、


2012年7月9日以前の外国人に関する記録が


気になる外国人は、法務省に情報公開請求をしなければなりません。



■ 住民票の請求先は?




住民票は、住所地を管轄する市区町村で請求することができます。


住民票が必要な方は、


住所地を管轄する市区町村の役所に問い合わせください。



■ 住民票の翻訳難しい。



韓国の証明書は、全国同じですが、


日本の住民票の様式は、


市区町村長によって違います。


そのため、テンプレートがありません。


住民票の翻訳は、その市区町村の様式にあわせて


個別に翻訳する必要があり、


翻訳が難しいかもしれません。


<住民票の韓国語の訳文>

住民票の韓国語訳文の見本 1ページ1,500円で翻訳いたします。 ネイティブ韓国人日本特定行政書士が直接翻訳いたします。


住民票の韓国語翻訳は、1ページ1,500円!(税込み)!!


格安韓国語翻訳!





■ 住民票は、いつ必要なのか?



住民票は、次の場合、訳文とともに


韓国の役所に提出しなければなりません。



 養子縁組


▼ 家族関係登録創設


▼ 家族関係登録簿訂正


▼ 改名申請


▼ 国籍喪失申告



など特別永住者の方や、韓国人は、


住民票を翻訳しなければならない場合があります



<住民票の韓国語の訳文>


住民票の韓国語訳文の見本 1ページ1,500円で翻訳いたします。 ネイティブ韓国人日本特定行政書士が直接翻訳いたします。


住民票の翻訳は、誰でもできることですが、


様式が、市区町村によって違います。


韓国語ができる方でも、


翻訳の時間が意外とかかります。


また、大使館、領事館が認める翻訳をすることが


重要だと言えます。




■ 住民票の翻訳ならお任せください。



韓国領事館、大使館に提出する住民票の訳文の内容は


一定の形式要件を満たさなければなりません。


また、個人の現在を証明する内容になるため、


内容をネイティブの目線で理解し、


役所が認める訳文を用意するのが重要です。


弊所は、翻訳業務を一切外注しません。


他人に翻訳を外注しないからこそ、精度の高い早い翻訳ができます。


韓国・日本の法律知識及び実務経験を基に、役所が認める翻訳が可能です。


無駄な費用を削減し、合理的な金額で翻訳業務をやらせていただいております。


弊所は、日本の役所の現場での許認可申請をした実績が多数あります。


(韓国上場企業就労ビザ申請、韓国・日本企業の翻訳、帰化申請、永住申請、経営管理ビザ申請など実績多数有)



翻訳業務は、全国対応いたします!


訳文の内容確認後の後払いなので、安心してご利用できます。


韓国の制度をネイティブ韓国人として、理解しており、


直接翻訳させていただいております。


韓国語の翻訳でお困りの方は、


これを機会に特定行政書士韓(ハン)に翻訳を依頼してはいかがでしょうか?




詳しい流れは「翻訳の依頼方法」をご参照ください。






■ お問い合わせ



▼ 韓慶九行政書士事務所 


代表特定行政書士 韓慶九(ハン)


▼ 電話番号: 080-2335-1890


▼ E-Mail: yumenokakehashi999@gmail.com


<*電話に出られない場合があります。

電話に出られない場合、メールで、お名前、ご連絡先をお知らせください。確認後折り返しご連絡いたします。>


▼ 営業時間:10:00~23:00(年中無休)



韓国・日本証明書 Related Articles

MORE
TAG
,
-->